学生の一人暮らしで賃貸物件を借りるときは、思った以上に費用がかかります。一人暮らしの初期費用は部屋を契約する際は、家賃の他に、敷金、礼金、仲介手数料、保険料などが必要になります。契約金は事前にしっかりと準備しておくことです。家賃の入居時は、2ヶ月分の家賃を先払いする事も多いです。共益費も家賃に含みます。敷金とは家を借りて、返したら大家さんは次の人に貸すために修理します。その修理代金が敷金です。きれいに使うと小額ですが戻ってくることがあります。


礼金とは漢字で、お礼のお金と書きますが大家さんに払うお礼金ということです。手数料ともとれます。一般的で礼金は普通家賃の1ヶ月分、敷金は普通家賃の3ヶ月分ということです。仲介手数料は不動産会社に支払う手数料です。家賃の半分から1か月分くらいです。火災保険に加入することが入居の条件にされていることがほとんどです。その他に鍵交換費用は入居する時に鍵を新しい物に交換する費用のことです。学生で一人暮らしをする場合、予算・費用の立て方を知るにはまず、部屋探しをする不動産会社に聞いてみると良いと思います。


大学生の一人暮らしなら、大学に問い合わせるとだいたいの費用は分かります。一人暮らしの予算を立てていく場合、奨学金を借りるのも大切な要素です。一人暮らしの場合は、自宅通学の人よりもたくさんの奨学金を借りることができます。すべてを奨学金に頼ると、返済するのが大変ですが、とりあえず奨学金は一人暮らしの予算の強い味方です。一人暮らしをするのが学生なら、親からの仕送りが予算の大部分を占めるでしょうし、社会人なら会社からの援助と給料が充てられます。まずは自分のライフスタイルから、必要な経費を書き出してみて一ヶ月の予算を決めると良いと思います。